クレンジングでくすみを解消

くすみが気になる時には、クレンジングや洗顔で肌の汚れをしっかりと落とせていない可能性があります。

くすみにも色々な種類があり、血行不良・乾燥・メラニン色素の増加・加齢による黄ぐすみなどがあります。

様々な分野のクレンジングのくすみ情報が揃っています。

特に多いのがメラニン色素の増加による症状なのですが、このタイプの症状を改善するには日々のクレンジングでメイク汚れを肌に残さないことが重要です。

goo ニュースの初心者も安心のわかりやすい情報を扱っています。

メイク汚れが残ったままになると、肌中ではメラニンが過剰に発生してしまいます。

メイクが残ることがなぜくすみにつながるのかというと、メイク用品に含まれる油分が酸化して肌が錆びついてしまうからです。メラニン色素は肌を様々な刺激から守るために生成されるものですので、酸化が進めば進むほどメラニンの生成量は増加してしまいます。

そのため、メイクをきちんと落とさないと次第にシミやくすみが酷くなり、古い角質も排出されずに残ってしまうためにターンオーバーの周期も遅れがちになります。

改善するためには、ミルクタイプのクレンジングを使うのが有効です。
ミルクタイプは肌への負担が少なく、毎日使っても安心できるタイプです。
ただし、ポイントメイクをしている場合にはミルクタイプでは落ちないこともありますので、その部分だけポイントメイク用のクレンジングを使って落とすようにします。



肌の代謝を高めるために洗う時にマッサージをする人もいますが、これは強い刺激を与える行為ですので行わない方が無難です。