クレンジングの手抜きがくすみを招く

女性であれば、毎日のメイクは必要不可欠ですが、そのメイクを落とす事に、気を遣う必要がある事を理解している人はどれだけいるでしょうか。完璧なメイクは完璧なメイク落としと比例します。
いい加減なクレンジングを行う事で、肌に悪影響を及ぼし、それによってメイクのノリも変わってくるものです。
クレンジングとは本来、顔に施したメイクを落とす事ですが、それだけではなくメイク用品を落としながら、顔の汚れや角質なども取り除く働きがあります。

オンリーワンのクレンジングのくすみはとても評判が良いです。

ただ単に、メイク落としだと思ったら、それは少々意味が異なります。正常な肌は、ターンオーバーを繰り返し、不要な角質などが剥がれます。そうやってサイクルを繰り返す事で、安定した肌を保つ訳です。

Yahoo!知恵袋に有効なサイトの紹介です。

そのために普段のクレンジングや洗顔は重要であり、ここで手を抜く事で、そのサイクルを乱したり、シミやシワの原因となる状態を作り出してしまいます。


普段から顔がくすみがちだと思う事はありませんか。
これは手抜きをしたクレンジングによって化粧品が肌に残り、毛穴などに詰まった状態でいるために、肌の状態が不安定になっている事があります。
また、強めにこするような落とし方をする事で皮膚に余計な刺激を与え、色素沈着を起こしている場合もあります。

特に目のまわりなどのくすみは、普段のアイメイクの落とし方に問題がある場合が多く、顔全体をクレンジングする前に、丁寧に目のポイントメイクを落とさなければなりません。


アイメイクを丁寧に落とした後、全体のメイクを落としてあげるのが正しい方法です。



ファンデーションの取り残しや、色素沈着や、強めのマッサージなどの落とし方などに気をつけて、肌に負担をかけず、顔にくすみを残さないように丁寧にメイクを落とすようにしていきましょう。